禁煙に適した工場の少ない23区

高度経済成長期は、23区内に多くの工場が存在していました。
23区内に存在していた工場は、日々黒煙を吐き出し続け、禁煙していても喫煙している以上の有害物質を吸い込む場合がありました。
しかし、あまりにも公害が問題化したため、23区で稼動する工場の数は年々減少し続け、現在では数えるほどしかありません。
そのため、23区は空気が綺麗になり、禁煙の事を考えると絶好の場所になりました。
実際に、医療機関が調査した結果によると、空気が綺麗な場所で禁煙し始める方は、空気が汚染されている場所で始めるよりも、禁煙の成功率が高いと言われています。
場所により、成功率が変わるという調査結果を受け、移住するという方も居るほどです。
禁煙の空気の綺麗さが関係しているのは、空気の本来の美味しさに気付くことができるためです。
喫煙者が、空気の本来の美味しさに気付くことができない理由は、複数あります。
まず、喫煙者は呼吸することが苦しいので、しっかりと酸素を吸い込むことができないという点が挙げられます。
喫煙すると、肺に大きな負担が生じます。
負担がかかっている状態の肺というのは、たとえ深呼吸しても大きく膨らむことがありません。
そのため、綺麗な空気の味を楽しむ間も無く、吐き出してしまうのです。
次に、鼻の粘膜や気道といった粘膜が、汚染されていることも悪影響を生んでいます。
粘膜に汚染物質が付着しているので、通過した空気は全て煙草の香りになってしまいます。
この症状は、禁煙してもすぐに改善されることではありません。
粘膜の細胞が新しく生まれ変わるまでには、多くの時間を要することになるので、気長に待つしかないのです。
禁煙は、じっくりと行うことを念頭に置いておきましょう。