禁煙を自由意思で行うコツ

禁煙の方法は人それぞれですが、薬を利用したりパッチを活用したり等、道具に頼らず自由意思で成功させる方も少なくありません。禁煙を自由意思で成功させるのは思っているより簡単ですから、いくつかのコツを把握して試してみるのも良いでしょう。

まず、禁煙するきっかけを事前に用意しておく方法があります。例えば、考え事をする時だけ吸うようにする、あるいは、子供が生まれたら止めるようにする等、喫煙に何らかの条件付けをしておきましょう。こうすると、喫煙の代替となる方法が見つかったり、喫煙に必要性が無くなったりする事で、自然とタバコを手放しやすくなるものです。

禁煙に失敗する理由の1つは、いつ止めるかを明確に意識できない事にあります。何のきっかけも無く、いつかは止めるというのでは、いつまで経っても禁煙には成功できません。きっかけ作りさえ上手くできれば、タバコを吸わない時間を増やせます。一度禁煙のメリットに気が付けば味を占めた形になり、喫煙への抑止力になってくれるものです。

また、喫煙用の予算を決めておくのも有効な方法です。喫煙に慣れているとつい、タバコの購入費用やライターのオイル代等に無頓着になりがちです。そこで、予算を決めて費用の範囲内でやりくりするようになれば、経済的な面に目が向き始めるでしょう。簡単にや止められないと思いがちな喫煙ですが、金銭との関係を明確にすると意外に強力な抑止力となるものです。

禁煙は自由意思で行えるに越した事はありません。喫煙量を減らす為に、代替として電子タバコ等も注目されていますが、フレーバーとして販売されいてるものには有害な成分が多い製品も少なくありません。特に、海外産のフレーバーには成分表記に記されていない有害物質や、表記以上の成分量が含まれている場合も多いので、注意が必要です。できるだけ道具に頼らず、まず、自由意思でできる事を試してみましょう。